進撃の奈良県民

何故か県民愛が薄い奈良県民に代わり、古都奈良を絶賛応援するブログです。

柿ケーキ改!足らないと思われる酸味を足してみた。

先日、嫁さんが作ってくれた柿ケーキに可能性が感じられたため、私リクエストで柿ケーキ改を作ってもらうことにしました。

今回は裏ごしはせず、熟した柿の中身をくり抜いたあと、ブレンダーを使いました。

f:id:graduateblack2:20200121145632j:plain

酸味を補うためあるものを加えました。なので多少白くなっています。

f:id:graduateblack2:20200121145735j:plain

酸味を補うもの…それはクリームチーズです。

f:id:graduateblack2:20200121145814j:plain

甘いだけでなく、適度な酸味が加わることで完成度が高まるのでないかと思い、柿のチーズケーキにしてみてくれと頼みました。

完成です。

f:id:graduateblack2:20200121145916j:plain

中々良い見た目です。柿使いまくりですけどね。入れ過ぎなくらい入れました。

f:id:graduateblack2:20200121145956j:plain

柿は本来はもっと減らすべきなんでしょうが、廃棄するのは勿体なかったので、全て投入。そしたら、やはり固まりきりませんでした。

f:id:graduateblack2:20200121150042j:plain

ずもーん。ケーキの形にならない。

そんな柿のチーズケーキですが、冷やしてからいただいてみました。

ん?これは何のケーキ?と柿を使ったと言われなければ分からない不思議な味がします。前回はシナモンを入れましたが、今回は使わなかったため柿の風味が残っているのですが、甘さと酸味が組み合わさって充実した味わいになってます。

が、柿のほのかに香る風味が若干マッチしないかも?? これは少しシナモンを入れた方が美味しいかもしれません。

写真は残っていないのですが、2日目、3日目も残った柿のチーズケーキを食べました。

何故か、日が経つことに味が馴染んで美味しく感じられました。味のインパクトとしては作ったばかりが1番不思議な感じで、日が経つほどに馴染んできて美味しくなる感じです。

次回は柿のチーズケーキ改を作ってもらいましょう、嫁さんに。